【期間限定、送料無料キャンペーン中】12月15日(金)まで

バケットバッグを通して見える、現代に昇華されるヴィンテージ

 

長く大切に扱われたヴィンテージの家具や鞄は、見るものを魅了してやみません。そこから派生して、ヴィンテージを模した製品は数多く出回っていますが、Stevenson Overall Co.(スティーブンソン オーバーオールズ)のように深い造詣を持ちながら、その精神を落とし込むものづくりは、人の心を震わせる何かを持っているのかもしれません。

 

今回は、ヴィンテージのスピリットを現代的に昇華するものづくりを行う【Stevenson Overall Co.(スティーブンソン オーバーオールズ)】と、ヴィンテージクローズのように長く愛用し、使い込むごとに味が出る佇まいにこだわったものづくりを目指す【SUNSET CRAFTSMAN CO.(サンセット クラフツマン カンパニー)】の運命的な出会いによりもたらされた、コラボレーションバッグをご紹介します。

 

このブランドの始まりは、Dr. DENIMの異名を持つ【HTC】の代表兼デザイナーZip Stevensonと多賀谷強守の運命と言える一つの出会いによるものでした。もともと、1930年代にアメリカ・インディアナ州にある良質なワークウェアを世に送り続けたものの、世界恐慌の煽りを受け閉鎖した小さな工場を二人が視察に来た時まで遡ります。偶然にも2人は元経営者の親族に会う機会を得て、この工場のものづくりへの強いこだわりを知ります。深い感銘を受けた彼らは、この工場の名前とZipのラストネームが同じであったことから、「STEVENSON OVERALL CO.」としてブランドを2005年にスタートさせたのです。

ブランド設立当時は、二人が最も得意とするデニムパンツとベルトの製作から始めました。デニムパンツを作る上で、どうしても再現したかったと語るのは、1920年代以前の縫製仕様である「一本針の折り伏せ縫い」。決して合理的とは言えないこの生産工程を定番の製造方法として続ける理由は、ブランド創立当時から一貫している「手作業による独特の味わい」をもたらすことに終始しています。

製作するアイテムは、現在では忘れ去られたデザインや、ディテールワークなどのヴィンテージクロージングから強くインスピレーションを受けています。「古くて新しい、モダンでありながら普遍的」といった相反する要素を併せ持った現代の衣服として再構築しているコレクションを展開しています。

 

岡山県・赤磐(あかいわ)に工房を構えるSUNSET CRAFTSMAN CO.。戦前に建てられた公民館を改装したその工房だけを切り取ると、まるでアメリカの田舎町に迷い込んだような気分になります。そこには、真摯なものづくりが静かに存在しているのです。

長年、アメリカ全土でヴィンテージクローズのディーラーをしてきた金山拓平氏。効率重視の大量生産ではない丁寧なものづくりには、長く使い込んでもらえる何かが存在していました。そんな光景を見てきた金山氏は「本当に必要なものだけを作る」ことに重きを置き、ヴィンテージクローズのように長く愛用されて使い込むごとに味が出るような佇まいにこだわりを持って取り組みを開始しました。

生地の裁断から縫製・そしてペイント、レザーパーツやプレートの切り出し、刻印や組み上げなど、全ての工程を一人の手で行っていることで、高い品質を保ち続けていることは大きな特徴の一つです。ミシンを使う縫製以外は、フルハンドメイドによって、堅牢かつクラフト感溢れるものづくりが魅力です。

ブランド名の由来は、アメリカ全土を回る中で金山自身が最も気持ちよく過ごせた、カリフォルニア州・サンセットを元になっています。

 

 

このStevenson Overall Co.とSUNSET CRAFTSMAN CO.が毎シーズンコラボレーションする背景には、「人の手によって作られたモノ」への共通の思いが存在するように感じられます。例えば、こちらのタグ。

 

 

SUNSET CRAFTSMAN CO.の金山氏が手がけたブランドタグです。人間の手で、正確な丸は作れないと言いますが、それでも一点一点金山氏自身が金属を切り、削り、刻印して、極力丸に近づけたもの。SUNSET CRAFTSMAN CO.のバッグについているこの小さなタグにまで、込められた思いを感じ取ることができます。

 

 

Stevenson Overall Co.のZIP氏曰く、「ライフワークとなるアイテムはいつも、直線では表せない手の質感が必ず存在する。 これまで様々なモノを触ってきた経験から《ハンドメイド》というスパイスを加える事により、その商品に魂が宿ると考えています。」と述べています。そんな背景からも、ハンドメイドへの強い思いとこだわりがこの2つのブランドを強く結びつけているのだと感じさせますね。

 

 

そんな独自の道を切り開いていく二つのブランドがコラボレーションしたバッグが登場しました。

無骨な印象の中に、温かみを感じる、SOC×SCCコラボ バケットバッグ 。ころんとした巾着型の可愛らしいバッグですが、素材や製作のこだわりがぎゅっと詰まった一品です。キャンバス製のヴィンテージ・バケットバッグをモチーフに、素材をウールメルトンで再構築し、上品なイメージで仕上げたシンプルなバッグ。アメリカ軍で支給されたポーチがデザインソースになっています。

 

※イメージソースとなったミリタリーポーチ

こちらは、モデルになった1930年代頃の赤いコットンキャンバス地のポーチ。Stevenson Overall Co.の独自の目線で素材をアレンジしています。ハッと目をひく鮮やかなポーチなのは、軍用として、遭難時に味方に発見してもらい易い色のものを身につけることが多いため。ジャケットなども裏地をオレンジにするなど派手な色を用いることが多かったといいます。

 

見た目はシンプルですが、インナーにポケットを装備するなど、収納力や使い勝手を向上した作り。2トーンカラーになっている厚手のウールメルトンは、生地にペイントを施してハリを出し、さらに手作業によって生地を揉み、余分なペンキを落とすことによって馴染ませるという手間のかかる作業によって表現。レザーストラップの使い方で2通りの持ち方ができますので、お好みに合わせてみてください。

 

サイズは、SMALLとMEDIUMの2サイズ。男女兼用で使えますが、女性が持つとこんな感じです。

★スモールサイズはこちら

★ミディアムサイズはこちら

コーディネートの主役になるハリのある素材感は冬のコートにも負けません。ベースになっている丈夫なウールメルトンは、摩擦が多い部分にも使用される生地密度の高い、強度のある素材で、ペンキ塗装が施されることで更に丈夫な仕上がりに。

平面に置いても自立しやすく、内側にたっぷり取られたポケットのスペースと、お財布やキーケースなどの小物をざっと入れても様になるバッグは、抜群の使い勝手です。持っていると一目置かれる逸品で、男性にはもちろん、女性にもおすすめです。 

 

一枚の洋服やバッグについて、いくらでも語っていられる。そんなStevenson Overall Co.のコレクションを少しだけご紹介します。

 

シンプルなバンドカラーシャツ「Saloon」。ドレスシャツを専門に縫製する工場で製作され、細かな縫い目が美しいドレスシャツならではの縫製仕様で仕上げられています。

 

 

前開きになった裾の合わせがラウンドしていたり、裾脇の補強用マチを作るなど、クラシックなディテールは忘れません。

 

バンドカラーシャツなので、首元はすっきりとしており、シェルボタンの輝きが上品さを増します。3ピースのセットアップに合わせたりなど、フォーマルなシーンでも使うことのできる、端正なシャツです。タックインできるほどの長さでありながら、裾を出して着用してもすっきりしています。先染めの生地に柄を入れた、ヴィンテージ感漂う生地は、1940年代の紡績機で紡いだ糸で織られているのだというのだから、納得です。

ナチュラルなカラーと、表面にデコボコ感のある雰囲気のある生地。素材へのこだわりを感じさせてくれます。ナチュラルさと上品さを兼ね備えているシャツは女性にもおすすめです。ぎゅっと歴史の詰まったヴィンテージシャツのように、さらりと取り入れてほしい一枚です。

 

メンズ 吊り裏毛/後付けパーカー

 

こちらの吊り裏毛/後付けパーカーは、現代では縫製の工程数の多さや、仕様の複雑さから制作することが難しいフリーダムスリーブや差し込みの両Vガセット、そしてヴィンテージでも希な袖リブの内側が深く切り込まれた変形リブを再現したこだわりの仕様となります。フリーダムスリーブとは、肩から腕への縫い付けが、曲線を描くデザインとなっているパターンを指す呼び名で、腕の動きがより自由になるように工夫された物です。40年代~50年代のスウェットによく見られる仕様です。

後付けのフードとポケットの縫製の綿糸のステッチは着用を重ねることで色が抜け、ボディとのコントラストがより強調され、よりヴィンテージの雰囲気が増していきます。ヴィンテージスウェット特有の横に広いバランスの悪いサイズ感を調整し、バランスの良いシルエットに再構築。生地に使用しているのは、吊り編み機で編み立てたオリジナルの裏毛素材で、時間をかけゆっくりと編み立てられた生地は糸本来のやわらかさがあり、空気を含んだようなふっくらとした風合いのある生地に仕上がっています。洗濯を繰り返してもやわらかさを損なわないのも吊り編みの大きな特徴です。 

ふんわりと柔らかな裏毛パーカは、もちろん女性にもおすすめの一枚。

例えば、裏毛のスカートとコーディネートすれば、リラックスした大人のムードに。パーカから漂うヴィンテージの雰囲気と相性抜群です。

 

 

人の手で作られる温かみや繊細な仕事ぶりは、持ち主の心も豊かにしてくれます。そんなお洋服やバッグは、きっとクローゼットでつい手を伸ばしてしまったり、お洒落をしたい時のお守りのような存在になってくれることでしょう。

 

▽ご紹介ブランド

 

投稿者: 村上 日時: 2017年11月29日 20:00 | permalink

閉じる